スマートフォンの紛失はとっても危険!

スマートフォンや携帯電話を紛失したことはありますか?
紛失はなくても、どこかに置き忘れてしまってあわてて
探した経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
無事に戻ってきたらいいですが、中には悪用されてしまう
ケースも少なくないのだとか…。

拾得者は中身を見ます

ある会社が実験でスマートフォン50台をわざと公共の場にわざと
置き忘れ、拾った人が何をするのか実験したところ、拾った人の
96%がアプリやファイルにアクセスをしたそうです。
そのうえ、持ち主の電話番号やメールアドレスがわかるように
していたにもかかわらず持ち主に返却した人は50%だったとのこと。
■実験を実施した会社は、「Symantec Corporation」
実験は2011年後半、米国のニューヨーク、ワシントンD.C.、ロサンゼルス、サンフランシスコ、カナダのオタワの5都市で行った。
※日本での実験ではありません。

◇被害は友人・知人にまで及ぶかも

スマートフォンを紛失し
「身に覚えのない支払い請求がきた」
「友人に不審なメールが届いた」
「ネットで写真が出回った」等のトラブルが発生するのはよく聞く話ですね。
怖いのは、被害を被るのが、落とした本人だけではないということ。
SNSの友人や電話帳に登録されている人にも影響がありますし、
仕事に関する情報にアクセスされたら大変です。
重大なコンプライアンス問題に発展し会社に損害を与えてしまう、
犯罪に利用される等の事態も考えられます。
万が一の時にすぐ対処できるよう、自分のスマートフォンや携帯に
どんな情報が入っているか、把握しておきましょう。

スマートフォン紛失によるリスクを軽減する4箇条

●スマホにロックをかけておく(お財布携帯機能にもロック!)
●SNSのアプリやSIMカードのパスワードは、特定されにくいものを設定する
●ログインが必要なウェブサイトのユーザー名やパスワードは、ブラウザに記憶させない
●遠隔ロックやキャリアの補償サービスなど、紛失時に利用できるサービスや機能に加入してく
危険なことを肝に銘じて、紛失しないように気をつけましょう。